エニグム(ENIGME)

不思議かつ知的好奇心をくすぐられる情報や海外ニュースを紹介するニュースメディアです。

ムダ知識が人生を豊かにする!

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

   

スポンサーリンク

イギリスに「世界一不愉快」と称されるドレスを制作した女性がいる。そのドレスに使用されているのは、なんと陰毛。

きっかけは3000個のキャンディ菓子から制作したドレス

その女性はイギリスのウェイクフィールドに住む元美容師で現在二児の母親、サラ・ルイーズ・ブライアン(Sarah Louise Bryan)28歳。

約一年前、サラは人生のどん底にいた。生活に困窮し、家の家賃すら払えない状況だったのだ。しかし、サラに転機が訪れる。それはサラが作った一着のドレスに注目が集まったこと。

なんとキャンディ菓子の「スキットルズ」3000個を使用してドレスを制作したのだ。 そのドレスがこちら。

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

キャンディ菓子で作られたカラフルなドレス

これをきっかけにサラの才能が注目されるようになる。

大量の陰毛で作られたドレス

キャンディドレスは、カラフルな色合いだったが、今回サラが制作したドレスは一味違った。
今回のドレスの材料に使用したのは、お菓子ではなく人毛。しかもよりによって陰毛を使用したのだ。

使用された陰毛は、ソーシャルメディアを使って世界中から集められ、6か月という期間をかけて制作された。

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

ドレスの素材

ドレスのベースには金属製の素材を使用し、煮沸した陰毛をグルーガンで接着したという。しかし、その制作過程はあまりにも過酷なものだったそうで、サラは「作業はとても壮絶でした。床にはシートを広げ、陰毛は熱湯で消毒。さらに、私自身は陰毛を吸い込んでしまわないように、手袋とマスクを着用して制作しました。」と語る。

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

制作中の様子

様々な努力の末、完成した陰毛ドレスがこちら。

スポンサーリンク

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

完成した陰毛ドレス。様々な人種の毛が使用されている。

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

着用して写真を撮るサラ

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

パッと見、毛皮のように見える

陰毛を集めて「陰毛ドレス」を作った女性!次回作のために精子提供を呼びかける

レディー・ガガがライブで着用した生肉ドレスにインスパイアを受けて制作したとのこと。


次回作は精子ドレス!?

このとんでもないドレスを作ったサラだが、次回作の構想も決まっているようで、陰毛ドレスの時のように現在ツイッターで素材提供を呼び掛けている。そのあるものとは精子・・・。
精子提供の呼びかけとともに、オカズとしてセクシーな画像が添付された。

精子をどのようにドレスにするかは不明だが、ツイッターで精子提供を呼び掛けたところ、すでに300件以上の問い合わせがあったという。

 

via:dailymail(英語)

スポンサーリンク

 - アート , , ,