エニグム(ENIGME)

不思議かつ知的好奇心をくすぐられる情報や海外ニュースを紹介するニュースメディアです。

ムダ知識が人生を豊かにする!

奇跡の首無し鶏マイクの18ヶ月

   

スポンサーリンク
首なし鶏マイク

出典:マイク・ザ・ヘッドレスチキン(以下公式HP)

1945年9月10日アメリカコロラド州のある農家。

そこの主人ロイド・オルセンはその日の夕飯用に生後5ヶ月半程の鶏を捕まえた。
そして、普段のように斧で鶏の首をおとした。

通常であれば鶏は当然絶命する。しかし、その日は違ったのだ。
首を切られた鶏はフラフラとしながらも、自分の足でしっかりと歩き寝床である鶏舎へ戻っていったのだ。
更に、首を落とされ、頭部がないにもかかわらず、普段のように餌をつつく動作や、羽を取り繕う動作をしたのだった。当然傷口からは血が溢れ、頭はなかった。
それを見た、ロイドは何故かその日その鶏を食べる気になれなかった。
そして、翌日ロイドがその鶏を見ると、なんと落とされた頭を羽で抱くようにして寝ていたのである。

 

 

 

 

出典:マイク・ザ・ヘッドレスチキン(公式HP)

歩くマイク 出典:公式HP

これにロイドは心をうたれる。その鶏を飼うことを決めたのだ。

それから、自分では餌を食べることができない鶏のために、毎日スポイトを使って餌と水を与えた。

しばらくして、ロイドはこの不思議な鶏を、ソルトレイクシティのユタ大学の科学者達の元に連れて行った。

「OK。こうなったら、この首無し鶏に、エサと水を与えてやろうじゃないか。」それからロイドは、毎日マイクに点滴スポイトで穀物と水を与え始めた。
もちろん、その首無し鶏がその後いつしかマイクと呼ばれ、人々に愛されることになる事になろうとは、その時誰に知る由も無かった。

 

 

スポイトでマイクに餌を与える

餌を与えられるマイク 出典:公式HP

そしてその翌週、
ロイドは家から250マイル離れたソルトレイクシティのユタ大学にマイクを連れて行き、科学者達にマイクの姿を見せたのである。

スポンサーリンク

科学者たちは頭のない歩く鶏に大変驚くとともに、ある推測を導き出した。
鶏の頭を落とす際、斧が頚静脈を外し、さらに凝固した血液によって出血がとまり失血死を防いだ、また、耳や脳幹などの大部分が体内に残ったため、この鶏は奇跡的に命をつなぎとめたのだろうと。

その奇跡の鶏はそれからも元気に生き続け、体重は4倍にまで成長した。
そしていつの間にかマイクと呼ばれるようになった。

 

 

出典:公式HP

出典:公式HP

さらにマイクは全米興行の旅にまで出た。
ニューヨーク、アトランタ、ロサンぜルス、サンディエゴを巡業。人々は25セントを払ってマイクを見るために大きな行列を作った。

マイクの話題はさらに拡大し、ギネスブックやTIMEやライフといった有名誌までもが、マイクの特集を組んだ。

 

そんな絶好調のときに、悲劇は突然やってくることになる。
全国興行の途中、アリゾナのモーテルの一室にてマイクは永遠の眠りについた。
死因は器官が詰まったことによる窒息死だった。
マイクは斧で頭を失ってから、18ヶ月後の出来事である。

 

 

 

 

公式HP:マイク・ザ・ヘッドレスチキン

公式HP:マイク・ザ・ヘッドレスチキンhttp://www.miketheheadlesschicken.org/

 

そんな奇跡の鶏マイクの魂は今でも生き続いている。

マイクのいたアメリカのコロラド州フルイタでは毎年5月の第三週の末日「首なし鶏の日」としてマイクの魂を祝福し記念日として祝い続けているのだ。
それだけではない、なんと公式ホームページやフェイスブックのアカウントまであるのだ。

 これだけ人々の記憶に残った、鶏はマイクだけなのではないだろうか。

 

 

そんな首なし鶏ですが、最近も発見されたとのこと。


詳細がないので、この鶏がどのくらい生きたのかは不明であるが海外のニュースなどにもなっていないことから、動画撮影後まもなく亡くなったものと思われる。

新しい情報が入り次第、追って報告をする

スポンサーリンク

 - 生物 , , ,